携帯電灯の歴史

1885年 屋井先蔵(日)が乾電池を発明
1888年 ガスナー(独)が乾電池を発明
この時期に携帯電灯が初めて作られたと言われている
1899年 米国で単1乾電池を使用する携帯電灯の製造開始
1907年 日本国内にて携帯電灯の製造開始
大正時代 「灯火5号」、「灯火6号」、「灯火7号」などの携帯電灯専用の乾電池が作られる
1923年 電池寿命の長い自転車用乾電池ランプが登場。これを機に携帯電灯が急激に普及した
1945年頃 乾電池の種類が「単1形」、「単2形」、「単3形」などに統一
1948年 日本携帯電灯工業会発足
1951年 携帯電灯のJIS規格制定
1966年 日本携帯電灯工業会から日本携帯電灯電池器具工業会に会名を変更
1966年 強力ライト、常備灯の登場
1968年 自動車用非常信号灯の登場
1982年 日本携帯電灯電池器具工業会と日本乾電池工業会が合併
1996年 白色LEDが開発される
1997年 携帯電灯のJIS廃止が決定
携帯電灯の日本乾電池工業会規格(KGS規格)を制定
1999年 携帯電灯の電池工業会規格(SBA規格)を制定
2000年 日本国内でLEDライトの生産開始
2003年 携帯電灯SBA規格改正
2004年 携帯電灯JIS規格廃止
2008年 携帯電灯SBA規格改正
2009年 米国携帯電灯規格 ANSI/NEMA FL 1が制定 
2012年 携帯電灯SBA規格改正
2014年 携帯電灯SBA規格(2012年版)英語版を制定
2016年 米国携帯電灯規格 ANSI/PLATO FL-1が改正