小型充電式電池のリサイクル

限りある資源を守るために

小型充電式電池のリサイクル活動は、2001年に施行された「資源の有効な利用の促進に関する法律」(以下『資源有効利用促進法』と略称)に基づき、小型充電式電池の回収・再資源化が義務づけられた小型充電式電池メーカや同電池の使用機器メーカ、それらの輸入事業者等などが会員となり、「小形二次電池再資源化推進センター」として、同年4月にスタートしました。
2004年4月より、事業のさらなる充実をめざし有限責任中間法人 JBRCを設立し、同年9月には廃棄物処理法・広域認定を申請し、受理されました。2008年12月の中間法人法の廃止により、2009年6月に「一般社団法人JBRC」に名称変更しました。
JBRCに登録された全国の排出協力店、排出協力自治体、排出協力事業者から、小型充電式電池を回収し、再資源化を推進しています。
※ 電池工業会では、小型充電式電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池)の回収・リサイクルは、実施していません。JBRCにて実施しています。

充電式電池は・・・リサイクルマークが目印です。

この矢印を基調にしたマークは、希少資源の有効活用と再利用のために「リサイクルしましょう」という願いを込めて『資源有効利用促進法』で制定されたリサイクルマークです。このマークは充電式電池の本体に印刷、ラベル又は刻印で表示されています。
※ 資源有効促進法で規定されるリサイクルマークは、スリーアローマークと文字(Ni-Cd、Ni-MH、Li-ion、Pb)を組み合わせて併記する。バックグラウンドの色は、規定されていない。

充電式電池の多くは、1個以上の電池をプラスチックケースなどに収めた電池パックと呼ばれる形態で使われています。また、主にニッケル水素電池では、単電池の形態(乾電池と類似の形)で使用される場合がありますが、どれもリサイクルマークがついていて、他の電池と見分けられます。

小型充電式電池について詳しくは、一般社団法人JBRCのホームページをご覧ください。