携帯電灯の安全で正しい使い方

1)電池のプラスとマイナスを逆にして使わない

電池のプラス・マイナスの方向を間違えると液もれ、発熱、破裂などの危険があります。

2)新しい電池と古い電池、異なる種類・銘柄の電池を混ぜて使わない

電池を2個以上使用する場合、新しい電池と古い電池、銘柄(会社名、ブランド名)や種類の違う電池、また、サイズが違う電池を混ぜて使用すると、それぞれの電池の性能が違うため、液もれや破裂の原因につながります。

種類の違う電池とは?  例)「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」
サイズが違う電池とは? 例)「非常用スペーサーにセットして単1形に大きさを変えた単3形乾電池」と「単1形乾電池」

3)電池を使い切った時や携帯電灯を長い間使用しない時は、電池を取り出す

携帯電灯の中に入れたままにすると液もれなどを起こして携帯電灯を傷める原因になります。

  • 非常用は、電池を取り出す必要はありませんが、定期的に点検を行ってください。
  • 携帯電灯が暗くなった場合は電池の寿命と思われますので早い時期に電池をお取替えください。

4)携帯電灯を使用した後は必ずスイッチを切る

スイッチを切り忘れると電池の液もれの原因になります。

5)携帯電灯は炎天下の車内、高温多湿の場所を避けて保管する

携帯電灯を高温又は高湿の場所に保管すると携帯電灯の変形や故障の原因になります。

6)携帯電灯の光を目に当て続けない

目をいためる原因になります。

7)豆球の交換は、次のことを守る

  • 器具にセットされていた豆球と同じものを使用する
    器具を破損させる原因になります。
  • 豆球は温度が下がるまで触らない
    やけどの原因になります。
  • 豆球用端子をショートさせない
    故障の原因になります。