一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・電池年表

・電池の歴史

1) 屋井乾電池

2) 一次電池

3) 小形充電式電池
 (二次電池)


4) 鉛蓄電池(二次電池)

・電池の種類

・電池の活躍の場

・電池の上手な選び方

・電池の構造と反応式(例)

・電池の規格について

・携帯電灯の歴史

・携帯電灯の種類

・携帯電灯の性能表記

・光の定義について

乾電池使用上のトラブルについて

Q1. どんなトラブルが多いのですか?

Q2. トラブルの主な原因は何ですか?

Q3. トラブルの内容は具体的にどんなものですか?

乾電池の充電について

Q4. "この電池は充電式ではないので充電すると液もれ、破損のおそれがある" と電池本体に記載されていますが、どうしてですか?

Q5. 乾電池を充電すると「発熱」や「液もれ」、「破損」のおそれがあると記載されていますが、最近販売されている乾電池用充電器で充電した場合はどうなりますか?

Q6. ニカド電池専用充電器で乾電池の充電ができますか?

 
電池の構造と反応式(例)

電池の構造は、種類によって変わります。
ここでは、ふだんは見えない各種電池の中身をご覧いただきます。


マンガン乾電池

歴史が古く、世界でいちばん多く使われている電池です。休み休み使うとパワーが回復。懐中電灯やリモコン、小さな電力で動く置時計などに向いています。


アルカリ乾電池

強力パワーで、マンガン乾電池の約2〜5倍も長持ち。大きなパワーや大電流が必要な機器、デジタルカメラや電動おもちゃなどモーターを連続使用する機器に向いています。


空気亜鉛電池

正極材料に空気中の酸素を使う省資源の電池。補聴器や気象観測用の分野で活躍します。


酸化銀電池

寿命がくる直前までほぼ最初の電圧を保つことができるため、カメラの露出計、クオーツ時計などの電子機器に使用されています。


ニッケル水素電池・ニカド電池

ニッケル水素電池は、ニカド電池より容量が大きく、大電流が取り出せるので、AV機器、電動工具だけではなく、ハイブリッド自動車にも使われています。ニカド電池は、温度が高くても低くても使えるので非常照明用に使われています。

・ニッケル水素電池

・ニカド電池


リチウムイオン二次電池

90年代に登場した新しい電池。軽量でありながら、高電圧・大電力、しかも自己放電率の少ない、すぐれた電池です。携帯電話、デジタルカメラ、ノートパソコン、また最近では、タブレット端末や電気自動車にも使用されています。


鉛蓄電池

最も歴史が古い二次電池。自動車や二輪車用バッテリーとして使われる他、「シール(制御弁式)」タイプのものは、病院、工場、ビルの非常用電源やコンピュータのバックアップ用などに使われています。