一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・バッテリの役割

・バッテリの構造

・バッテリ形式の読み方

・バッテリの点検・保守方法

・バッテリあがりについて

・バッテリのQ&A

・バッテリの化学反応

 
バッテリのQ&A

1.バッテリ液の成分は?

バッテリ液(電解液)は、無色透明の硫酸で、充電された時の硫酸濃度は約37%(比重1.280/20℃)です。この液体は、腐食性が強く、金属を酸化させたり皮膚炎を起こしたりするなど非常に危険です。したがって、バッテリを取扱う場合には、十分な注意が必要です。万が一、電解液が外部に流出または人体に付着した時の応急処置は、速やかに多量の水を用いて硫酸分を洗い流すことが最も重要です。機器に付着した場合は、硫酸分を湿った布で拭い取ってください。

2.なぜ液が減るの?

この現象は、主に充電中に起こります。電解液が減ってしまうのは、バッテリが持つ容量以上に電気エネルギーが加えられた時(過充電時)、液中の水が酸素ガスと水素ガスに分解されてしまうためです。特に高温の場合には、液が減る量も多くなります。このようにバッテリ使用時は、液が減りますので液量の日常点検が必要です。また、液の補充は精製水(市販のバッテリ補充液)を入れます。

3.なぜバッテリあがりを起こすの?

バッテリあがりの現象は、次の項目で起きる可能性があるため注意が必要です。詳しい説明は「バッテリあがりについて」を参照ください。
  1. 単純放電
    バッテリの電気量を多く使った(例えば、エンジンンを切った後のドアの閉め忘れなど)ことにより、放電が進みエンジン始動に必要な電気エネルギーが失われた場合。
  2. バッテリの劣化(寿命)
    バッテリを取り付けてから3年以上経過している場合。
  3. 使われ方
    車を長期間使用しない場合シビアコンディションした場合。

4.バッテリの正しい取扱いは?

取扱い上の誤りによる事故(特に爆発)を防止するためには、次の点に注意する必要があります。
  1. バッテリには、たばこの火などを近づけない。
  2. 金属工具をバッテリ端子に接触させ、スパークを発生させない。
  3. バッテリ液量はLOWER LEVEL(最低液面線)以下で使用しない。
  4. バッテリを傾けたりして皮膚や衣類に電解液をこぼさない。
  5. 乾燥した季節は、バッテリを取扱う前に、バッテリ以外の金属物に触れ静電気を逃がす。
  6. 充電器のコンセントを差し込んだまま、充電器とバッテリ接続を外さないこと。

  7. ワンポイントアドバイス:接続は(+)と(+)、(-)と(-)とする。
    ワンポイントアドバイス:充電器のコンセントを抜かずに、充電器とバッテリの接続を外すとスパークが発生する場合があり、大変危険です。

正しい取扱いのためのパンフレット



前のページへ 次のページへ