一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
工業会の紹介 工業会からのお願い リチウムイオン電池についてのお願い 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 処理方法とリサイクル

・乾電池・リチウム一次電池(一般不燃物)

・ボタン電池のリサイクル

・小形充電式電池のリサイクル

こんな所で使われています「小形充電式電池」

・自動車用バッテリのリサイクル

・産業用電池のリサイクル

・欧州指令における電池の解釈について

・小形二次電池用リサイクルマークの国際標準化プログラムについて

 
乾電池・リチウム一次電池(一般不燃物)

破棄法

乾電池やリチウム電池は・・・以下のようにしてください。

すべての+極と−極をセロハンテープで絶縁してからネ

住んでいる所(各自治体)によって「ゴミの捨て方」が違います。住んでいる市町村の指示にしたがって捨ててください。


リサイクルの現状

2005年の使用済みの乾電池は年間約5万7000トン※と推定されており、殆どが一般廃棄物として自治体によって回収・処理されています。この内大半が野村興産(株)と東邦亜鉛(株)等で処理・リサイクルされています。その他のものは自治体で、主として不燃ゴミとして或いは焼却後、焼却灰等と一緒に安全に処分されています。使用済み乾電池は、環境に大きな影響を与えるものではありません。環境への影響が心配されていた水銀は、国内では、マンガン乾電池が1991年、アルカリ乾電池は1992年から使用されていません。(水銀0使用)しかし、資源有効利用の視点から乾電池の使用材料を有効に活用するための処理方法が、主要各国で研究されていますが、環境負荷、資源有効利用、エネルギー消費量、経済性など、総合的な視点で見て合理的な処理方法はまだ確立されておりません。このため電池工業会では新しい処理技術について情報を集めて検討すると共に、長期間にわたり乾電池の埋立て実験を福岡大学と共同で行い、乾電池成分の挙動を把握し、或いは世界各国に建設された日本の電池メーカーの海外工場を中心として世界に水銀0使用の乾電池生産を広めるなどの努力を続けています。

※電池工業会会員調べ。会員外輸入は含まれておりません。


電池のリサイクルに対する考え方

1)「(1)環境に対して健全で、(2)資源の再利用が有効に実施出来、(3)その利点 がコストに釣り合う」という場合において支持できるものと考えています。
2)リサイクルを実施する場合は、これらの点に関するアセスメント(事前評価)が実施され、明らかにされる必要があります。
3)一次電池は水銀を使用していないものやボタン電池で規定量以下である場合、現在の技術においては全てを回収・リサイクルすることは適切ではないと考えています。

これは次の日欧米三極電池専門家会議の公式見解と基本的に同じ考え方であります。


使用済み乾電池の取り扱いに関する日欧米三極電池専門家会議

三極グループは、消費者使用後の一次電池の健全な環境管理を唱道し、次の原則を支持しております。

・アルカリ乾電池およびマンガン乾電池は、通常の使用と処分を通じ環境に大きな脅威をおよぼすことはなく、通常のゴミとして安全に処分することができる。

・円筒形の標準的なアルカリ乾電池およびマンガン乾電池への水銀添加は、世界の全ての地域で禁止されるべきである。

・家庭用一次電池の回収およびリサイクルの義務付けは、廃棄物の流れから有毒物質を除去するという観点から見れば不要である。ただし、天然資源を保護するために、三極グループは、電池のリサイクルが環境に対して健全で、安全な形で実施出来、かつ、その利点が少なくともコストに釣り合うのであれば、電池の自主的な回収を支持する。

・民生用一次電池の回収は、リサイクルによって得られる環境保護上の利点よりも環境に対する有害な影響の方が大きい場合がある。回収プログラムは、第一に自治体によって実施されるべきであり、しかも、環境に対する影響が最小限に抑えられることがアセスメントによって明らかにされる場合に限るべきである。

・消費者使用後の一次電池に対する回収・リサイクルの決定は、環境保護上の利点を、影響(たとえば、エネルギー消費量の増加)、関連コスト、適正なリサイクル方法の可能性と対比して慎重に検討した上で行なうべきである。

・電池業界は、消費者使用後の一次電池の管理について最善の方策を実施するために、政府および他の公共団体と引き続き協力していく所存である。


乾電池埋め立て実験結果

廃棄された乾電池中の水銀による環境汚染が懸念されるようになったため、社団法人 電池工業会(当時は日本乾電池工業会)は福岡大学に委託して、1985年8月から埋め立処分された水銀を含む使用済み乾電池中の水銀、その他の成分の挙動について、継続的に調査研究を行ってきた。
その間に,1991年末までにはわが国の乾電池は水銀0使用を達成し,埋立て10年後の1995年、並びに15年後の2000年には、本研究の埋め立て実験槽群の一部を解体し、埋め立て10年、15年間における水銀や他の乾電池中に含まれる成分についての挙動、並びに収支等について調査研究を行ってきました。
その結果乾電池に含まれる金属の流出は殆どないことが確認されており、調査研究結果の詳細は報告書やビデオ録画テープに纏められ、貴重な研究結果として日欧米で活用されています。