Q7. 「自己放電」とは何ですか?

化学電池は使わなくても中で少しずつ化学反応が起こり、電気がっていきます。これを「自己放電」といいます。温度・湿度が高いほど自己放電は大きくなるので、温度が低く、湿気の少ない場所に電池を保管してください。

ただし、冷蔵庫に保管すると、取り出した時に電池につゆ(水分)がつきやすく、その水分で電池の表面がさびることがあり、おすすめできません。