Q6. 乾電池が発明されたのはいつごろですか?

1888年(明治21年)、ドイツのガスナーは電解液でんかいえき石膏せっこうで固めて持ち歩いてもこぼれない電池を発明しました。この電池は今までの液体電池に対して「乾電池」と呼ばれるようになったのです。
同じころ、日本でも屋井先蔵やい さきぞう(1864年〜1927年)が独自どくじの方法で乾電池を作り上げましたが、特許とっきょ申請しんせい工面くめん できず、乾電池の発明者として名前を残すことができませんでした。