Q5. 日本にはどうやって電池が伝わったのですか?

1854年(嘉永かえい7年)、アメリカのペリーが日本へやってきた時に、幕府ばくふへのおみやげとして電池が伝えられました。彼が持ってきたのは、ダニエル電池(1836年(天保てんぽう 7年)、ボルタ電池を改良してできた電池)と呼ばれるものでした。