一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・電池年表

・電池の歴史

1) 屋井乾電池

2) 一次電池

3) 小形充電式電池
 (二次電池)


4) 鉛蓄電池(二次電池)

・電池の種類

・電池の活躍の場

・電池の上手な選び方

・電池の構造と反応式(例)

・電池の規格について

・携帯電灯の歴史

・携帯電灯の種類

・携帯電灯の性能表記

・光の定義について

乾電池使用上のトラブルについて

Q1. どんなトラブルが多いのですか?

Q2. トラブルの主な原因は何ですか?

Q3. トラブルの内容は具体的にどんなものですか?

乾電池の充電について

Q4. "この電池は充電式ではないので充電すると液もれ、破損のおそれがある" と電池本体に記載されていますが、どうしてですか?

Q5. 乾電池を充電すると「発熱」や「液もれ」、「破損」のおそれがあると記載されていますが、最近販売されている乾電池用充電器で充電した場合はどうなりますか?

Q6. ニカド電池専用充電器で乾電池の充電ができますか?

 
電池の規格について

1)一次・小形二次電池

・単電池系を表す記号

  記号 種類 正極 電解液 負極 公称電圧
(V)
一次電池 記号なし i) マンガン乾電池 二酸化マンガン 塩化亜鉛水溶液 亜鉛 1.5
B ふっ化黒鉛リチウム一次電池 フッ化黒鉛 非水系有機電解液 リチウム 3.0
C 二酸化マンガンリチウム一次電池 二酸化マンガン 非水系有機電解液 リチウム 3.0
E 塩化チオニルリチウム一次電池 塩化チオニル 非水系有機電解液 リチウム 3.6
F 二硫化鉄リチウム一次電池 硫化鉄 非水系有機電解液 リチウム 1.5
G 酸化銅リチウム一次電池 酸化銅(II) 非水系有機電解液 リチウム 1.5
L アルカリマンガン電池 二酸化マンガン アルカリ水溶液 亜鉛 1.5
P 空気亜鉛電池 酸素 アルカリ水溶液 亜鉛 1.4
S 酸化銀電池 酸化銀 アルカリ水溶液 亜鉛 1.55
Z ニッケル亜鉛一次電池 オキシ水酸化ニッケル アルカリ水溶液 亜鉛 1.5
二次電池 H ii) ニッケル・水素電池 ニッケル酸化物 アルカリ水溶液 水素吸蔵合金 1.2
K iii) ニッケル・カドミウム電池(ニカド電池) ニッケル酸化物 アルカリ水溶液 カドミウム 1.2
IC iv) リチウムイオン二次電池 リチウム複合酸化物 非水系有機電解液 炭素 3.7
PB 鉛蓄電池 二酸化鉛 希硫酸 2.0
i) マンガン乾電池は、形状記号のみで表す。
ii) 実例として、NH、HH、THなどが用いられる場合があります。
iii) 実例として、N、Pなどが用いられる場合があります。
iv) 実例として、CG、ICP、LIP、U、UPなどが用いられる場合があります。

・形状を表す記号

形状記号 電池形状
R 円形(円筒形、ボタン形、コイン形)
F 角形、平形

円形 角形、平形

・電池の記号の読み方
電池の記号の読み方
(1):直列につながっている電池の数
(2):電池系を表す記号
(3):形状を表す記号
(4):寸法を表す数字

・円筒形電池の国際規格と一般名称
日本ではマンガン乾電池やアルカリ乾電池などの大きさを表す呼び方は単1、単2などが一般的で、アメリカも独自の呼び方が一般的です。標準規格としては、国際規格(IEC)や日本工業規格(JIS)に定められた呼び方があります。
国際規格(IEC)
(JIS)
寸法 (mm) 日本の呼び方 米国の呼び方
高さ 直径
R20 61.5 34.2 単1形 D
R14 50.0 26.2 単2形 C
R6 50.5 14.5 単3形 AA
R03 44.5 10.5 単4形 AAA
R1 30.2 12.0 単5形
Rの前にアルファベットの記号を付けて電池の種類を表します。
例えば、アルカリ乾電池ならば、LR6(単3形)です。
寸法で定められているのは、最大値です。(参考値として最小値があります。)

・一次電池の使用推奨期限について
電池の日本で定められている規格に、使用推奨期限があります。電池の種類により、「使用推奨期限」または「製造年月」(酸化銀電池の場合)が表示されています。
電池本体の側面または底部とパッケージに表示されています。「使用推奨期限」とは、使用されないで保管されていた場合に、規格で定められた性能を発揮する期限を定めたものです。
「使用推奨期限」の表し方は、月-年の順で表示し、次の2通りがあります。
1. 03-2007 : 2007年3月
2. 03-07 : 2007年3月
この期限内に使用することをお勧めします。
 なお、二次電池(充電式電池)には、使用推奨期限はありません。

2)鉛蓄電池