一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

リサイクル協力事業者の皆様へ
・電池工業会規格SBA S1101の発行について
・乾電池使用機器の電池室・端子部の寸法設計指針

・補聴器用空気電池の使用上のご注意

・リチウム一次電池の充電禁止のお願い

・リチウムイオン電池をご使用の際は次のことを必ず守ってください

・リチウムイオン電池を安全、快適にお使いいただくために

・模倣品電池パックにご注意

・「非純正バッテリパック」について

・リチウムイオン電池の分解・改造の禁止

・早めのバッテリ交換について

・バッテリの点検について

・「誘導灯、非常灯」JIL適合品のご推奨


 
補聴器用空気電池の使用上のご注意

空気亜鉛電池はシールをはがした直後は、作動しません

空気亜鉛電池は使用するとき先ずシールをはがします。はがした直後は正常に作動しません。はがして約30秒から1分後に使用を開始してください。

空気亜鉛電池を室内で使用する時は換気をしてください

空気亜鉛電池は冬場の暖房器具から発生する二酸化炭素の影響で電池寿命が短くなります。定期的に部屋の換気をしてください。

空気亜鉛電池は体温などであたためて使用してください

電池が冷えていると性能を十分に発揮できません。空気亜鉛電池は体温などで少しあたためてから使用してください。

電池豆知識 ― 空気亜鉛電池にはシールが貼ってあります。

空気亜鉛電池は、空気中の酸素をプラス極材料として使用するので使用する際はシールをはがします。シールをはがしたまま保管しておくと電池の性能が劣化していくので、使用するまでシールをはがさないようにしてください。