一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・バッテリの役割

・バッテリの構造

・バッテリ形式の読み方

・バッテリの点検・保守方法

・バッテリあがりについて

・バッテリのQ&A

・バッテリの化学反応

正しい取扱いのためのパンフレット
バッテリの点検・保守方法

1.液量点検
日常点検として法律(道路運送車両法)で義務づけられています。少なくとも1か月に1回または自動車の走行距離、運行時の状態等から判断した適切な時期に点検をしてください。

◆バッテリの側面から液量を点検します。
  1. 側面が汚れている場合は、水で湿らせた布で液面線の周囲を清掃し、液面がUPPER LEVEL(最高液面線)とLOWER LEVEL(最低液面線)の間にあることを確認します。
    ※乾いた布で清掃すると静電気により引火爆発する恐れがあります。
  2. 液量がUPPER LEVELとLOWER LEVEL間の半分以下に低下している場合は、直ちにUPPER LEVELまで精製水(市販のバッテリ補充液など)を補充し、補充後は、キャップ(液口栓)をしっかりと締めます。
※詳細は、バッテリの取扱説明書、車両のメンテナンスノートなどに記載してありますのでご参照ください。

2.外観点検

◆バッテリの外観を目視点検します。
  1. 本体にヒビ、割れ、欠け、液漏れ、およびキャップ(液口栓)の排気孔にゴミなどの付着がないことを確認します。
  2. 異常が認められた場合は、販売店にご相談ください。

3.取付け金具、ターミナル部の緩みの点検

◆取付け金具、ターミナル部の接続状態の点検をします。
  1. 取付け金具の点検
    バッテリが取付け金具でしっかり固定されているか点検します。緩んでいる場合は、バッテリがしっかり固定されるまで取付け金具のナットを締め直します。
  2. ターミナル部の接続状態の点検
    バッテリ端子と車両側のターミナルとの接続が、しっかり固定されているか点検します。
    緩んでいる場合は、しっかり固定されるまでナットを締め直します。
    腐食(白い粉、サビなど)が見られる場合は、ワイヤーブラシなどで取り除きます。

正しい取扱いのためのパンフレット

前のページへ 次のページへ