一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・乾電池、リチウム一次電池

・ボタン電池

・リチウムイオン二次電池

・ニッケル水素・ニカド電池

リサイクル協力事業者の皆様へ

・自動車用バッテリ

・産業用電池

広域処理

廃電池処理パターン

よくある質問集

広域認定運用マニュアル


・欧州指令の電池の解釈

・リサイクルマーク国際標準化

・リサイクルマーク表示ガイドラインの改定

 
小形充電式電池のリサイクル

限りある資源を守るために

小形充電式電池のリサイクル活動は、2001年に施行された「資源の有効な利用の促進に関する法律」(以下『資源有効利用促進法』と略称)に基づき、小形充電式電池の回収・再資源化が義務づけられています。小形充電式電池メーカーや同電池の使用機器メーカー、それらの輸入事業者等などが会員となり、同年4月にスタートしました。
2004年4月より、事業のさらなる充実をめざし有限責任中間法人 JBRCを設立し、同年9月には廃棄物処理法・広域認定を申請し、受理されました。2008年12月の中間法人法の廃止により、2009年6月に「一般社団法人JBRC」に名称変更しました。
JBRCに登録された全国のリサイクル協力店、協力自治体、リサイクル協力事業者等の回収拠点から、小形充電式電池を回収し、再資源化を推進しています。

充電式電池は・・・リサイクルマークが目印です。

この矢印を基調にしたマークは、希少資源の有効活用と再利用のために「リサイクルしましょう」という願いを込めて『資源有効利用促進法』で制定されたリサイクルマークです。このマークは充電式電池の本体に印刷されています。

リサイクルマーク

充電式電池の多くは、1個以上の電池をプラスチックケースなどに収めた電池パックと呼ばれる形態で使われています。また、ヘッドフォンステレオ、ミニ四駆、デジタルカメラなどのように、単電池の形態(乾電池と類似の形)で使用される場合がありますが、どれもリサイクルマークがついていて、他の電池と見分けられます。



充電式電池には、主な材料としてニッケル〔Ni〕やカドミウム〔Cd〕、コバルト〔Co〕、鉛〔Pb〕など希少な資源が使われています。限りあるこの希少な資源をムダなく使うために、リサイクルによる「資源の再利用」は大きな効果を持っています。再利用の例としては、ニッケルと鉄の合金はステンレスの材料として、また、カドミウムは新しいニカド電池の材料として活用されます。使用済みの充電式電池は、棄てないで希少資源の有効活用のため、ぜひリサイクルにご協力ください。

リサイクルの流れ図

電気店またはスーパーなどの“リサイクル協力店”で小形充電式電池をご購入の際に使用済み 小形充電式電池をお持ち下さい。
リサイクル協力店は一般社団法人JBRCのホームページからご確認頂けます。

こんな所で使われています「小形充電式電池」

ニカド電池

ニカド電池とは、正極にニッケル、負極にカドミウムを使用した密閉型アルカリ蓄電池の一種で、充電することによって何度でも使える二次電池の仲間です。このニカド電池は、500回以上も充電・放電を繰り返すことができる経済的な電池ですが、いつかは寿命がきます。使用済みのニカド電池をリサイクルすれば、貴重な資源であるニッケルとカドミウムを再利用することができるのです。今、資源の有効活用と再利用のために、このニカド電池のリサイクルが強く望まれています。

ニカド電池イメージ

ニッケル水素電池

ニカド電池のカドミウム負極の代わりに、活物質である水素を吸蔵、放出する水素吸蔵合金負極を用いており、ニカド電池に比して、高エネルギー密度の電池で、密閉型アルカリ蓄電池の一種です。
使用済みのニッケル水素電池をリサイクルすればニカド電池と同様に貴重な資源であるニッケルが再利用できます。

リチウムイオン電池イメージ

リチウムイオン電池

負極にリチウムイオンを吸蔵、放出できる炭素などを用い、正極にコバルト酸リチウム等を用いた二次電池です。ニカド電池などに比べ、電圧や、エネルギー密度が高いなど、優れた特徴を持っています。使用済みリチウムイオン電池をリサイクルすれば、高価で貴重なコバルト等が再利用できます。

リチウムイオン電池イメージ

小形シール鉛蓄電池

正極に二酸化鉛、負極に鉛を使用した鉛蓄電池の一種で、電解液の減少に対する補水作業をなくし、適度な経済性に優れた電池です。使用済み小形シール鉛蓄電池をリサイクルすれば鉛が電池に再利用できます。

小形シール鉛蓄電池イメージ



小形充電式電池リサイクルのJBRC