1.携帯電話の充電について
  • 携帯電話の充電は、メーカーが指定する専用充電器を使用することを必ず守って下さい。
    指定外の充電器で充電すると、電池が過充電され、電池内部の異常な化学反応によって、電池が発熱、破裂、発火する可能性があります。

  • 携帯電話に多く使われているリチウムイオン電池は、プラス極材にはコバルト酸リチウム、マイナス極材にはリチウムイオンを層間に取り込むことのできる炭素材料を使用し、電解液にはリチウム塩を溶解した有機溶剤を使用しています。
    電解液に有機溶媒を用いているため、充電方法については充分な配慮が必要になります。
    例えば、最大充電電圧が指定値以上に高い充電器を使用し充電すると、金属リチウムの析出、電解液の分解の可能性が大きくなり、内部短絡や、耐圧性の著しい低下などを招くことがあります。
2.携帯電話を充電し過ぎると電池パックが爆発する?
  • 携帯電話用リチウムイオンパック電池は、メーカーが指定する専用充電器を用いて充電すれば、爆発・破裂することはありません。
    専用充電器に過充電防止機能を備えていることから、過充電とはならず、爆発、破裂することはありません。 また、パック電池側にも保護機構が内部に組み込まれており、専用充電器の過充電防止機能と合わせて二重で過充電を防止するようになっています。

  • メーカー指定の専用充電器ではない汎用型充電器には、過充電防止機能のないものがあります。
    これを用いた充電では、パック電池側に組み込まれている保護機構が破壊され、電池が過充電されるおそれがあるため、充電はメーカーが指定する専用充電器を必ず使用して下さい。

  • テレビ番組で放映された、市販の充電器による過充電実験は、番組の中でも触れられているように、過充電防止機能が働かないような状態で何度も過充電を繰り返すという、通常では考えられない非常に危険な状態での実験であると言うことになります。
3.万一、電池が破裂して電解液等が皮膚などに付着した場合の対処は?
  • 通常お使いのリチウムイオン電池には、金属リチウムは含まれていません。 万一、リチウムイオン電池が漏液して、電解液が皮膚や衣服に付着した場合は、内容物を直ちに水でしっかり洗い流してください(ティッシュなどで拭いてはダメです)。その後、医師の診断を受けることをお奨めします。
    尚、メーカーの指定外の充電器(指定範囲外の周囲環境温度、指定以外の充電電圧や大きな電流、改造した充電器など)で充電すると、場合により金属リチウムが析出する事になります。 その結果、電解液に金属リチウムが含まることになりますが、その量はきわめて微量と考えられるため、この場合も直ちに水で、しっかり洗浄することを推奨いたします。
その他の電池の漏液対処は?
  • アルカリ乾電池、ニカド電池、ニッケル水素電池などに入っているアルカリ性内容物が肌に付着した場合も、直ちに水でしっかり洗い流してください。ティッシュ等で拭き取ると化学火傷を助長することがあります。
    アルカリ性の液体は、ぬるぬるとした感触があるため、この感触が無くなるまで、しっかりと水で洗い流してください。そしてその後、医師の診断を受けることをお奨めします。

  • マンガン乾電池、鉛蓄電池などが漏液し、酸性あるいは中性の内容物が肌に付着した場合にも、直ちに水でしっかり洗い流してください。
    そしてその後、医師の診断を受けることをお奨めします。